対話型鑑賞

京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター  による、6回目の「対話型鑑賞」を行っていただきました。

静物と3匹の子犬
静物と3匹の子犬

今月の鑑賞絵画は、作品名:静物と3匹の子犬

  画家:ポール・ゴーギャン  画いた年:1888年

  大きさ:91.8×62.6㎝  です。

 最初に上の作品を見て、「クマを取ろうとしている。」「裸足だ!」「バス?電車?」など見える事をそのまま話していく子ども達!

 

その後、画像の中の黒い点を指して、「鳥が飛んでいる」などの、すごい意見もでて、子どもたちの限りない可能性を垣間見ることができました。

 

子どもって、やっぱり!すごい!!