はなぶさ農園

はなぶさ保育園の「ひまわりほーる」には、その日の給食で食べる食材が置いてあり、子どもたちが自由にさわることができます。
重いキャベツを持って見たり、キュウリのトゲをツンツン!
玉子が割れてしまうこともありますが、乳児さんの頃から、毎日の食材を五感で感じています。
そして、「はなぶさ農園」で毎日お世話をしながら栽培し、野菜を育てる大変さ、収穫した夏野菜の美味しさ!を知っています。
今日は、新たに「ミニにんじん  ピッコロ」のタネを撒きます。
近畿農政局から師匠がきてくれました。
にんじんのお話をしていただきました。
土つくり
土ができました。
種まきです。
割りばしを使ってタネのベットを作ります。
タネの撒き方を教えていただきました。
タネに優しい秘密の物が入っています。
もみ殻は、タネのお布団になります。
ありがとうございました❤️
奥の「はなぶさ米」の稲穂も膨らみ、垂れ下がってきました。
明日からピッコロのお世話が始まります。
収穫が楽しみです。