はなぶさ米 もみすり、精米、炊飯体験

師匠とけいこ先生がきてくれました。

今日は、はなぶさ米の精米です。

ソフトボールとすり鉢を使って

もみ殻取りです。

ゴリゴリ!ゴリゴリ!

「waa~とれた~」

「fu~ ふ~」

フーフーともみ殻を吹き飛ばしたあとは、

精米機に入れます。

Wii~出てくるかな~

カツン!カン‼カン‼️za~♪

精米されたお米が出てきました~

お米を精米する時のにおいが

すまいるほーるに広がります。

お米を洗って

精米したお米を洗ったら栄養士の先生に

お米を炊いてもらいます。

「火をつけてから…」

お米の炊き方を話してもらって

完成したお味噌を少し味見しました。

給食は、和給食です。

ご飯、鶏肉とキノコの炒め物、けんちん汁と

おこぶと、かつおだしで煮込んだ、ふろふき大根です。

ふろふき大根のつけ味噌は、子どもたちが4才の時に仕込んだ味噌を使用しました。

吹きあがってきました、火を弱めて~

炊き上がりました~

美味しい~ね~

師匠!けいこ先生!

ありがとうございました。」

土を作り、種もみを植え、毎日水をやりお世話をしてきました。

スズメさんに、たくさん食べられたけど

はなぶさ米」をみんなで食べることができました。

子どもたちは、お米作りをとおして、

たくさんの事を学び一回り大きくなりました。

ありがとうございました。