やんちゃワールド

5月18日石田小学校で実施された「やんちゃワールド2019」の式典の司会をはなぶさジュニアリーダーが務めました。

来賓席から笑いも起こる、にこやかな開会式になりました。

開始当初は、小雨が舞う天候でしたが、雨も上がり、暑くもなく恵まれた天候になりました。

こども司会者が間違う事も無く全ての司会を務めました。

来賓の方々から多くのお褒めの言葉をいただき、笑みがこぼれる開会式になりました。
こどもたちの素晴らしい力を改めて実感する瞬間でした。

はなぶさ児童館のブースは

「ガラポンできたらラッキー寿司」です。

 

回転寿司の企画から、見本作り、生産、販売まで全て子ども達が行いました。

「自分がもらって、うれしい物を作ろ!」

と、子どもたちと一緒に話し合いながら進めてきました。

 

そんな中で多くの子どもたちの成長を見ることができました。

子どもって何でもできるんです。って改めて感じました。

「いらっしゃいませー」

「マグロ一丁!」

と声が出て、活気あるブースになりました。

「すみませ~ん」「遅れました~」「すぐ入ります。」

と走りながら叫ぶ2年生!あなたは、アルバイターか!

 

あなたの代わりに入っていた子も、文句も言わずお手伝いをしていました。

 

また、当番では無い子が、「店手伝っていい?」

と言ってきました。

 

やっぱり、やらされているのでは無く、自分たちで作りあげての出店だったので、楽しいブースになったようです。

児童館のブースが19ヶ所

京都文教大学

京都橘大学

京都薬科大学

醍醐エコまちステーション

伏見東はぐくみネットワーク実行委員会

石田小学校高学年

小栗栖中学校

たくさんのブースが立ち並び、終日楽しむことができました。

 

ご協力いただいた全ての方々に大感謝!

小栗栖中学校のみなさん

文教大学ブース

文教大学 幼児コーナー

石田小学校高学年ブース

醍醐エコまちステーションのブース

伏見東はぐくみネットワーク実行委員会のブース

京都橘大学のブース

 

閉会式

閉会式には副市長が来られたため、その場で紹介文を考えましたが、練習もせず上手に来賓紹介をしてくれました。

司会者のみなさんご苦労様でした。

終日、子どもたちが展開し、子どもたちが楽しむ

楽しもう!こども商店街でした。